長時間運転は腰痛になりやすい?

 

 

 

普段から良く車に乗るという人は腰痛に悩まされているという人が多いのではないでしょうか。
実は車に長く載っていると腰痛になりやすくなってしまうのです。
そのため、長く車に乗るという人は普段から腰痛対策をしなくてはいけません。
ではなぜ長時間車に乗ると腰痛というのは起こってしまうのでしょうか。
車に良く載る人が腰痛になってしまうというのは実は立っている時よりも座っているときのほうが腰にかかる負担が多いからなのです。
さらに、同じ姿勢を続けているとさらに負担がかかってしまいます。
こういったことから車に長く乗る人は腰痛になってしまいやすいのです。
そこで、対策としてはまずクッションなどを膝の下におくという方法があります。
こういったクッションなどはいまでは市販されているので購入をして下に敷いてみてください。
これだけでも負担を軽減することができるので腰痛の対策になっているのです。
また、長時間の運転をするときには休憩を入れるようにしましょう。
同じ姿勢を続けるというのは腰には良くないので、休憩を入れて体を動かすなどをするように心がけてください。
こうしたことを行うだけでも腰痛というのは減らすことができるので、覚えておきましょう。