なぜ腰痛になるのか

 

 

車をよく運転するという人は腰痛に悩まされたという経験はありませんか?
車の運転というのは実は腰痛になりやすいとされているのです。
ではなぜ車の運転というのは腰痛になりやすくなっているのでしょうか。
車の運転が腰痛になりやすい理由としてはやはり同じ姿勢を保っているからです。
人間の体というのは立っている時よりも座っている時のほうが腰に負担がかかりやすいとされています。
さらに、同じ姿勢を続けていれば負担はより大きくなります。
車の運転というのは常に座った状態で行うものなので、腰にかかる負担というのは大きいのです。

 

 
こういったことから腰痛になりやすいとされているというわけです。
そこで、普段から腰痛対策というのはしっかりと行うべきなのです。
ではどのようにして腰痛対策をすればいいのでしょうか。
よく利用されている腰痛対策としてはクッションなどを利用して負担を減らすというものです。
最近ではこういった腰痛対策のクッションなどが市販されているので。こういったクッションを利用するだけでも腰痛対策になるのです。
また、長時間運転はなるべく避けるということも大切です。
どうしてもしなくてはいけないというときには休憩をして同じ姿勢を保たないようにしましょう。