車と腰痛

 

 

 

車に良く載る人にとって注意しなければならないことというのは何だと思いますか?
それは腰痛に気をつけるということなのです。
ではなぜ車に乗っていると腰痛が起こってしまうのでしょうか。
人間の体というのは実は立っている時よりも座っているときのほうが、負荷がかかりやすいとされています。
そのため、長い時間の運転をしていると腰に負担がかかってしまい腰痛の原因となってしまうのです。
そこで、普段から車を運転するという人は腰痛対策をしっかりとしなければいけません。
ではどのようにして腰痛対策を行えばいいのでしょうか。
腰痛対策の方法としてはいくつかあります。
まずはクッションを利用するというものです。
クッションなどを膝の下に入れるというだけでも負担は軽減されるので対策をすることができるのです。
こういったクッションというのは今では車のショップなどでも売っているので、ぜひ調べてみてください。
また、座り方に気をつけるという対策方法もあります。
車を運転するときの座り方によっても腰に負担をかけていることがあるのです。
極力背もたれを倒さないようにしてしっかりとした姿勢で運転をしましょう。
また同じ姿勢を続けるのもよくないので適度に休憩を入れることも大切です。